HOME > 手書き体験 紙扇子

 

あなたもやってみませんか? てぶらでどうぞ!

 

京都らしい「体験学習」にぴったりなのが「手書き体験紙扇子」です。
加えて「体験」の後には、その扇子が「学校での思い出の品」となり、

また暑い時には、涼が得られる「実用品」としても十分使っていただけるものとなります。 

 

 たためば小さくなり、どこへでも持ち運べる扇子は、地球温暖化防止に貢献できる小さな冷房機(クーラー)です。

 
 また、紙と竹という地球にやさしい素材でできた扇子は、公害のもとになりません。

 
 京扇子は、平安初期に京都で生まれて、1200年を経た今も作り続けられている京都の伝統工芸品です。 

 

手書き体験教室は、お座敷で絵付けをして頂きます。

 

 

 

   

(本社座敷広間にて)

 


 「手書き体験紙扇子」の流れ

扇子の材料としての扇面紙(扇子専用の三枚合わせの和紙)に、
生徒さんのお好みの絵や文字を水彩絵の具で描いて頂きます。


絵の出来上がった扇面紙を、当社で扇子に仕立てた後、学校までお送り致します。
(お届けまで約30日) 


 

この「手描き体験」をより充実したものにする為に、
当社は次のようなサービスをしております。

 

 ①  手書き体験の前に、郷土の誇る伝統工芸品としての、京扇子の歴史と製造過程をわかりやすく説明します。
(約10分間)
 ②  「手書き体験扇子」の図柄の配置方法などの、扇面紙に描く時の心得や注意点を説明致します。
(約5分間)

 

お陰様で今春も多くの全国からのお客様(中学、高校の修学旅行生様や 社会人ツアーの方々) に
体験していただき大好評となっております。

 

京都で学ぶ生徒さんに、京都の伝統産業を学習する機会を、持っていただくお手伝いができれば幸いです。

 

(皆さんの作品)

 

・ 費 用 : 一本 2,160円(税込) (扇子材料、仕立代)2014年4月よりの新価格です
・ 時 間 : 説明と作業を含めて 約1時間半
・ 仕立日数 : 約30日間
・ 場 所 : 下記の3ヵ所及び、宿泊先、ホテル、旅館で体験して頂けます。

       東映太秦映画村 (約50~200名様) 
       本 社 (4名様~約40名様まで) 
→本社の地図(Googleマップ)はこちら別ウィンドウが開き表示されます。
       旅館、ホテル (約50~200名様) (平日京都市内に限る)

 

お問合せ先

この体験教室は要予約ですので下記までお電話下さい。

 

(075)351-7489
(電話受付は 月~金 9:00~17:00)  

 

 

 

お知らせ

2007年10月26日(金) テレビ朝日
「クレヨンしんちゃん」の中で扇子体験の様子が放送されました!

 

  

↑ページトップへ戻る

 

商品情報  |  手書き体験 紙扇子  |  お知らせ  |  会社概要

 Copyright(C) 2011 Tokuno. All Right Reserved.